04

コーヒー豆知識『粒より百科』バックナンバー

  • 連合会では、コーヒーに関する普及・販売促進のための小冊子『粒より百科』を発行しています(年1回)。
    キャラクターを用いたクイズや身体の両側面からの飲用メリットのご案内。香りをキーワードにヒラメキの素としてのコーヒーの愉しみ方を伝えるなど、毎年異なるテーマ・内容でお届けしています。ここでは、その一部をご紹介いたします。
  • 粒より百科 Vol.27(2014年)『コーヒー「豆」知識』クイズで納得コーヒーの魅力編

  • 粒より百科 Vol.26(2013年)『ビーンズ博士のコーヒー「豆」知識講座』入門編

  • 粒より百科 Vol.25(2012年) 『ヒラメキスイッチON! 珈琲アロマ学』編

  • 粒より百科 Vol.24(2011年) 『Let's try! 珈琲人診断』編

  • 粒より百科 Vol.23(2010年) 『ちょっと楽しい コーヒークイズ』編

  • 粒より百科 Vol.22(2009年) 『コーヒーeco知識』編

コーヒー飲用の始まり
写真:コーヒーの花

1908年(明治41年)にブラジルに移民した日本人たちがコーヒーの栽培をはじめました。これが大正時代の初めにサンパウロの州政府から贈られます。それから8年のあいだコーヒーは無償で届けられ、次第に市民が飲み始めます。 長崎の出島に渡来したオランダ人達のコーヒー飲用から、実に300年後のことでした。
以来、組合員達は一杯一杯のコーヒーを全国に広めてまいりました。これが日本におけるレギュラーコーヒー飲用の始まりです。